介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは

介護付き有料老人ホームとは、施設の中に介護職員、看護師、機能訓練指導員、生活相談員、ケアマネジャー等が配置され、それら顔なじみのスタッフによって介護の提供をする有料老人ホームのことをいいます。介護スタッフの人員の他、施設設備や運営方法などの厳しい基準をクリアしたホームが、所属している都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受け、介護サービスを行います。なお、このように施設の中に特定施設入居者生活介護のスタッフを置く「一般型」のホームとは別に、介護サービスは外部の事業所に委託し、ホームのスタッフは安否確認や計画作成等を行う「外部サービス利用型」のホームもあります。

 

 

介護付き有料老人ホームには、介護が必要になったときに即座に介護サービスをうけることができるという安心感があります。一般型の場合、24時間ホームに介護職員がいるため必要な時に必要なサービスをうけることができるので安心です。しかしその半面、その他の介護保険サービスの利用が認められていないため、外部のデイサービスや訪問介護等の利用はできません。一方、外部サービス利用型はホーム内のケアマネジャーが作成するケアプランに沿って、様々な外部サービスを利用することができますが、施設内のスタッフは介護職員として配置されていないので、その都度の介護などは原則できません。

介護に要する費用は、一般型はサービスの量にかかわらず1日当たりの定額で決まっているので、月々の費用の増減は少ないです。一方、外部サービス利用型の場合は使った介護サービスの量だけ費用がかかるので、あまりサービスを使わなければ安い費用で済みますが、重介護となり介護保険の限度額でおさまらない量の介護が必要になれば、その分全額自己負担となります。

老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME’S介護】