住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームは食事・雑事などの生活支援サービス等がある高齢者向けホームです。介護付き有料老人ホームと違い、ホーム内にケアマネジャーや介護職員などが配置されていないため、「介護付き」「ケア付き」といった広告活動や表示はできません。介護が必要になったときは一般の在宅と同じく、地域にある外部の居宅介護支援事業所のケアマネジャーや介護事業所と契約し、訪問介護等のサービスをうけることになります。

 

 

このように介護が必要になっても、外部の介護サービスをうけてホームでの生活を継続できますが、介護保険の基準限度額以上のサービスを利用すると全額自己負担となり、介護費用が高額となる可能性もあります。また、住宅型有料老人ホームには介護スタッフがいないため、ケアプラン以外のその都度必要になった介護には対応し難いという欠点があります。緊急時以外はホームのスタッフは介護を行いません。

しかし実際は、多くの場合住宅型有料老人ホームには介護サービス事業所が併設されているようです。ホーム内に介護スタッフはいないけれど併設の事業所にはいるようにすることで、なるべく利用者のニーズに対応できるような体制を整えているようです。

老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME’S介護】