医療体制と協力医療機関

ホームの医療体制を必ず確認する

有料老人ホームには、持病を抱える高齢者や体調を崩しやすい高齢者が数多く入居します。たとえ健康であっても、年齢を重ねるごとに病気にかかるリスクや不安は大きくなるものです。有料老人ホームは病院のような医療機関ではないので、日頃の健康管理やホームでできる医療行為、急変時の対応などを入居前に必ず確認しておきましょう。

 

 

協力医療機関とホームの協力体制

有料老人ホームの多くは協力医療機関(協力病院、提携病院等さまざまな呼び方があります。)を定めていますが、ホームとそれらの病院との間で決められている協力体制も忘れずに確認しておきましょう。

協力医療機関である病院には利用したい診療科目があるのかどうか、万が一無ければその診療科目のある病院がホームの近くにあるのか、ホームと病院間の送迎はしてもらえるのか等を必ず確認しましょう。健康診断や往診が受けれるのか、24時間対応か、緊急時などは救急にも対応しているのか等も重要です。

ほとんどのホームは、協力医療機関へ受診の際には送迎や職員の付添いサービスがついているようです。しかし、協力医療機関以外の病院へ受診する場合はホームは一切かかわらず、入居者本人が自費でタクシーを使用したり、家族が送迎することになることもあるので注意して下さい。入院中の洗濯や身の回りの世話、ホームの月額費用はどうなるのか等、確認するべきことは尽きません。

老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME’S介護】